住まい塾がめざすもの

 

住まい塾は特別な住宅をつくろうとしているのではありません。

 

豊かな空間を 太い柱や梁など確かな骨組みでしっかりと支えつくり上げること。

伝統から学ぶべきは学び、その空間は現代人の生活にふさわしいものであること。

そして、なによりも美しくあること。

 

これが《住まい塾》の基本姿勢です。

 

― 古くなる ではなく、味わいを増す ―

使用する材は極力ハリモノを排し、時の経過と共に味わいを増していく自然素材を使用しています。

しかし素材が本物だからといって 建築空間も魅力あるものになると保証されるものではありません。

住まい塾では素材の生命を最大限に活かし、シンプルな空間構成を追求し続けています。


― 動物が巣をつくるが如く ―

 当たり前の素材であたりまえに造る。

昨今では珍しくさえなってしまった “当たり前” に立ち返り一棟一棟ていねいに造り上げてゆくこと。

感性に訴え全身に染み込んでいく、そして眠っていた身体感覚が目覚めていく・・・。

そんな住宅が着実に拡がってゆくことを我々は願っています。


― 《住まい塾》が生み出す家 ―

《住まい塾》から生まれる家は、見えない部分をゆるがせにせず、がっしりとした基礎、太い通し柱と太い梁を持ち、柱と梁は金物にたよらない伝統工法でしっかり組み合わされています。

仕上材には無垢の木や左官材、石などの自然素材を使っています。

そして何よりも自由で質の高い空間を、可能な限りコストを抑えながらつくっています。

植栽も雑木が中心ですから、《住まい塾》の家を訪れた人々は、都市にあっても別荘に住んでいるような印象を受けるようです。